シンポジウム & プログラム

計算機シミュレーションによる格子欠陥やナノ構造の解明:新規材料創製を目指して

Organizers:

Representative
  • 吉矢 真人
大阪大学
Correspondence
  • 吉矢 真人
大阪大学 yoshiya@ams.eng.osaka-u.ac.jp
  • Fisher Craig A. J.
ファインセラミックスセンター c_fisher@jfcc.or.jp
Co-Organizers
  • 大場 史康
京都大学
  • 上杉 徳照
大阪府立大学
  • 篠嶋 妥
茨城大学
  • 小谷 岳生
鳥取大学
  • 香山 正憲
産業技術総合研究所

Scope:

近年の計算機の発達により、実験・理論に次ぐ第3の方法と呼ばれる計算が材料研究に応用され、その手法の発展と共にその応用範囲をますます広げ、多様な応用分野においてそのニーズも高まってきている。これら精力的な計算的手法による研究により、従来の解析物理学の範囲を超えた材料特性とその起源の相関が明らかにされてきており、種々の応用分野において材料科学・工学の新たなブレイクスルーを生みだしている。特に粒界・界面・転位・点欠陥など材料に内在する種々の格子欠陥は、種々の特徴的な材料特性の起源となっている事から注目されている。また、様々な界面などナノ構造の設計・制御を通じて、飛躍的に優れた材料を創製する試みも重要である。本セッションでは、材料特性の起源の1つであるこれら種々の格子欠陥の存在状態と、結果として新たに生み出される材料の諸特性の相関に焦点を当て、電子レベル・原子レベルから、連続体モデルまで広範囲にわたる計算材料科学的手法による研究成果を基に、材料の機能的・機械的特性とその起源について多階層に及ぶ議論を行うと共に、幅広い計算手法の更なる発展のための意見交換を行う事を主旨とする。これにより、実験のみでは達成することが困難な高度な格子欠陥制御やナノ構造制御を通じた新規材料創製に対する提言を、計算機シミュレーションを通じて行うことを狙いとするものである。

招待講演者:

  • 名古屋工業大学 小林 亮 先生
    「格子欠陥のマルチスケール・シミュレーション」
  • 名古屋工業大学 中山 将伸 先生
    「第一原理計算と電気化学測定によるリチウムイオン電池正極材料の充放電反応解析」
  • 東京大学 笠松 秀輔 先生
    「金属/酸化物界面における物性変調の第一原理解析」
  • 京都大学 世古 敦人 先生
    「網羅的第一原理計算と統計解析手法による材料物性予測」
  • 横浜国立大学 Hannes RAEBIGER 先生
    「3d Transition Metal Atoms in Small Molecules and Bulk Insulators」
  • 産業技術総合研究所 田中 真悟 先生
    「第一原理計算によるLTO表面・界面構造と化学状態」

Topics:

1. Computational Materials Science
2. Materials Design
3. Grain Boundaries/Interfaces/Surfaces
4. Dislocations/Impurities/Vacancies
5. Simulation Methodologies